俺のエロゲ感想:3030支部


評価 B
WS000048

B
エルフのダメなとこが全てつまっている。
以下感想

シナリオ

解決編というか香織さん視点が全て。
香織さん視点での話は結構衝撃的であのときのあのシーンにもそんな意図があったのか・・・と普通に面白く読めた。
逆に言えば、バッドエンド回収や乙葉ちゃん√などはかなり退屈で危うくctrlスキップ童貞を失うとこだった。

香織さん
WS000042

俺の好みドンピシャ(* ̄∇ ̄*)
立ち絵からもビンビン伝わってくる貞淑な妻らしさに惹かれ、この人と夫のエッチシーンを見ることがプレイの目的だった。

しかし裏切られる。
部屋の穴から香織さん夫婦の部屋がのぞけるというとんでもなくエッチな展開におちんちんを踊らせていたが、蓋を開けてみたら穴を覗いて夫とのセックスを見るシーンがショボいシーン1つだけだった。
何のための穴だよ、所詮倒産したザコだな

沙耶
WS000024

基本ツンツンしていて会話も全然成立しない。
なのに優しさが所々に感じられ、エンカウントするたびに好きになった。
キスやセックスするまでの流れがあまりに大人の恋愛で俺には1ミリも理解できなかったが、ラストの本当の意味でのセックスは感慨深かった。

由紀
WS000006

ブス

乙葉ちゃん
寝坊しちゃいました・・・先生ごめんなさい

天才美少女。
毎日10時間くらい勉強しており、毎回満点を取っている。
可愛いとかの前にコイツ凄いな・・・としか思わなかった。

ちなみにシナリオには全く関わってこない。
ただただ受験生している。

エッチシーン

ビックリするほど抜けない。
構図が悪いのかシチュが悪いのか全く抜けない。
唯一沙耶さんの騎乗位だけはエッチだったが、それだけだった。
例えば香織さん、由紀、乙葉ちゃんがならず者に輪姦されるシーンがあるが、香織さんは早々にマグロになり乙葉ちゃんの破瓜はいつの間にか終わっており由紀はそもそもブス
CG回収が物凄く苦行であった。

総評
基本エッチシーンのエッチさでどうにかしていたelfなのに、本作はそれがショボいのでどうしようもない。
残されたのは、苦行なほどの選択肢面倒という感想しか抱けない謎の探索システム
原画家が市川小紗ということで評価は甘くしておくが、正直合わなかった。

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200410005438

FF7をプレイしたことも無ければ、そもそもFFシリーズを大してプレイしていない。
プレイしたことのあるFFシリーズは
ディシディアデュオデシム
零式
FF10
だけである。
にもかかわらず、なんか皆が騒いでいたからという理由だけで購入したFF7Rだったが、毎日アホみたいにプレイするほど熱中できた。

ちなみにFF零式は人生で最も面白いゲームだと思っているので皆にもやって欲しい。

以下感想

悪かったところ

・分割商法
FINAL FANTASY VII REMAKE_20200410111240

発売される前から分かっていたことだが、やはり分割商法であるが故のデメリットがとにかく多い。
まずストーリーが序盤だけだから仕方ないが、何が何なのか分からなかった。
原作をプレイしたことがない人は全く話について行けない。
また、敵が小物だったり本質的な敵でなかったりする。神羅カンパニーの重役達がたくさん出てくるが、ほとんどがただ出てくるだけで終わるのは物足りなかった。まあ重役達もかませ犬っぽい奴が多かったからこれでいいのかもしれないが

・移動&サブクエスト

これはマジで苦痛オブ苦痛だった。
マップはクソ広いのにリアリティを重視してるのか一生懸命走らないといけない。
物語の後半も後半にチョコボが使えるようになってやっと移動がちょっと楽になったかと思ったら、毎回ロードに20秒くらいかかるせいで結局イライラする。
また、リアリティを重視してるのか細い道を渡ったり疲れたときは、こちらの操作を受け付けず走れなくなる。
少しくらいならむしろ良いシステムだと思うが、結構な場所でこれが発生するのでストレスがたまっていく。

サブクエストでとにかく探索しなくてはいけないのだが、移動の面倒さとの相乗効果によって、クエストこなすのが非常に大変だった。

良かったところ

・戦闘

これが全て。
戦闘が楽しかったからこそ、毎日長時間遊べた。

クラウド
FINAL FANTASY VII REMAKE_20200410010858

最も操作して楽しいキャラ。
一発一発が強く、爽快感が物凄い。
ブレイブモードになってからのカウンターや、後半覚えるカウンタースキルなどは圧倒的気持ちよさだった。

バレット

FINAL FANTASY VII REMAKE_20200410123449

コイツも操作していて死ぬほど楽しいキャラ。
銃による攻撃なので一発一発のダメージは小さいが、とにかく攻撃回数が凄い。
30連打くらい当たり前に出来るので、どんどん気持ちよくなれる。
超長距離だろうが、相手ががんがん動きまくっていようが、銃による攻撃は当たるのもプラスポイント!
ぶっちゃけクラウドとバレットしか使わなかった。

ティファ
FINAL FANTASY VII REMAKE_20200414163203

まあまあ使っていて楽しい。
移動スピードが速く、攻撃力も地味にある。
ティファ自身も純粋に可愛いし、お腹周りの筋肉質な感じとか滅茶苦茶エロい。

・・・なぜこんなにも使わなかったのだろうか。
バランス型だからかな?

エアリス
FINAL FANTASY VII REMAKE_20200411151149

キャラは可愛いが、操作キャラとしてみるとカス。
魔法キャラのくせに攻撃していくと少しずつ前に出て行く。
というか、操作キャラに敵が突っ込んでくる性質があるので、そもそも魔法の詠唱が出来ない。
さらに、アビリティで攻撃する技が少なく、その技も必中じゃないのでほとんど当たらない。
闘技場とかでエアリスを操作しなくてはいけないとき、マジでイライラした。

でもキャラの可愛さはガチ。
9章くらいでクラウドとハイタッチしようとするエアリスは天使だった。

・グラフィック

原作のゴミみたいなポリゴンでプレイする気など起きなかったが、一度はプレイしてみたかったのでこのグラフィックでプレイで来たのはホントに良かった。

総評

いつも通り不満の比重が大きい気もするが、かなり楽しめた。
発売から一週間経ってないのにこのプレイ時間であることからも伝わるだろう。
IMG_7227


回復スポットなんかも欲しいと思ったところには大体設置されてるし、オートセーブなども充実している。
戦闘はバチクソ楽しい。
シナリオは分割だから目を瞑るとして、本質的な不満は移動の面倒さだけ。

久しぶりのFFシリーズだったけれど、ちゃんと楽しめた。
いつ完結するかは知らないが次回作も買おうと思う。












評価 A-
2020-04-09 (17)

キラキラはあまり楽しめなかったが、MUSICUSは滅茶苦茶楽しかった!

気持ちよくブログを締めくくりたいので不満点は先に言おうと思う。
最大の不満点はこの令和の時代になってもバックログジャンプが存在しないこと。
キモオタから吸い上げた金は何に使ったんだ?
また、エッチシーンが三日月には2回あるが弥子とめぐるは1回ずつ。4回も5回もある必要はないが、さすがに少ないと感じた。
あとはやっぱりライブに関して。
10日間くらいの初の弾丸ツアーが日記みたいなもので終わってたり、阿呆船での初のワンマンライブや閉店ライブなども適当に流されていたり、フェスや数万人のキャパの会場でのライブなどもサラッと2,3クリックで終わってしまったりと、ライブ来るか!?と期待して裏切られる場面が多すぎた。
キモオタから吸い上げた金は何に使ったんだ?

とまあ本質的なのはこれくらいかな。
本質的でないものを言うと、幼なじみがウザすぎる。
もっともっと不幸になって欲しかった。

残りはひたすらに褒めて終わろうと思う。

共通√
2020-04-09 (18)

面白い!読みやすい!
花鳥風月のライブシーンは主人公同様鳥肌が立った。

弥子√
私、応援します。先輩の活動が上手くいくように。

本作は脱落式。
馨が音楽と向き合わない√。
だからと言ってつまらないわけではなく、むしろ青春青春してて好き。
文化祭ライブでは3曲披露されるし、完璧な√だった。
弥子も可愛いしね。

めぐる√
2020-04-09 (5)

シナリオ自体は好き。
でもめぐるがどうしても好きになれないんだよなぁ。
生き方が今が楽しめれば良いという刹那的なものだからか知らないが、ミーティングとかでとにかく
自分の意見は大して言わずに寝てばっかり。
演奏は普通に上手いらしいが一番バンドに不必要な人間であろう。
明らかに非処女だし気持ち悪いことこの上なかった。

ところで、ラストCGがバケモノにしか見えないのだが、皆はどう思ってるのだろうか?
2020-04-09 (19)


澄√
世の中というのは残酷だ

いわゆるバッドエンド。
三日月をソロデビューさせる選択をすると、色々あってバンドは解散して馨は1人になる。
馨も花井さんの問いの答えを追い求めるがあまりどんどんおかしくなっていく。
エンディングに恋人の死のあとに完成させた曲が流れるのだが、普通に怖かったw

また、この√では金田の人の良さが窺える。
弥子√では胡桃を更生させるのに成功してるし、めぐる√でも老人のためにライブをしよう!と真っ先に提案するし、この澄√では最後まで馨のことを気にかけている。
ちょくちょくイライラさせる奴だが金田はかなり良い奴!かなり好きなキャラだ。

三日月√
ごめんなさい!性欲が我慢できなくて!つい

メジャーレーベルに属し、天才高校生から曲を提供されることでとんとん拍子で成功への道を進んでいく。
花井さんの、音楽なんてただの音の振動で観客はストーリーに感動する、という意見が結局正しいじゃん・・・と思ったがそもそも結論自体もこれを否定するものではなかったし別にいいのかも知れない。
エンディングが武道館ライブになっているのはとても感慨深かった。

総評

まず読みやすい。
退屈で10分も読んでられないようなテキストのエロゲが多い中、何時間でも読んでられた。
BGMも良質なものが多く、曲もかなり気に入った。
特に「はじまりのウタ」「ぐらぐら」「ラヴェンドラ」「ミライ」あたりが好き。
その中でもはじまりのウタは死ぬほど気に入りすでに何十回と聞いている。
本当に素晴らしいゲームだった。

ところで、本作は2019年発売のゲームである。
2019年エロゲランキングを作る前にプレイしていれば良かったと何度も後悔してる。

今更何が何位かなんてナンセンスな議論をするつもりはないが、3位恋愛、借りちゃいましたって何やねん。恥ずかしいわ。







 

このページのトップヘ