俺のエロゲ感想:3030支部


評価 B-
2020-06-01

アナル舐め&アナル舐め&アナル舐め
さすがにキレそうだった。

シナリオ

基本的に一本道で途中3人が散り散りになる場面があり、そこで誰を助けるかで誰が強姦されるか決まる。
これはまあ別にいいのだが、何故かハルカとナリカの敵が同じ
お前は同一時間に2人存在するのか?
こんな短いストーリーで矛盾を生じさせるのは素直に凄いと思った。
 
エッチシーン


ゴミ
とにかくアナル舐めが多い
汚いブスでデブで風呂に何日も入っていない男のアナルを舐めるなど、CGだけでなくテキストでも見たくない。
不快で仕方なかった。
2020-06-07

2020-06-07 (1)

また、2枚目のこのCGは原作(?)である超昴閃忍ハルカのHCGにもあり、つまりは使い回し
新規CGだけにしろよ...
さらにシチュエーションについてもとにかく催眠が多い
故に、ヒロインは強姦されているのも関わらずどいつもこいつも幸せそうに喘いでおり完全にヒロイン視点では和姦になっている。
強姦とは何なのかを学び直してほしいものだ。
それでもハルカのスズモリの筆おろしとハルカの強姦はエッチだった。

総評
シナリオには期待していないのでどうでもいいが、エッチシーンがダメなのはかなりキツい。
元々超昴シリーズは数打ちゃ当たる戦法であったために、数がない本作は目も当てられない結果になっている。
まあ何はともあれこれにて超昴シリーズは完全制覇したのであとはソシャゲを待つだけだ───





評価 A-
 WS000002

最近エルフの抜きゲーをプレイするようになったがいまいちなものが多かった。
しかしこの人間デブリはかなりエッチで満足できた。

シナリオは、幼なじみ3人(男男女)のうち主人公以外の2人が隠れて文通してたりといつの間にか付き合っていたことを知った主人公が復讐するというもの。
女(ひかり)はスカートが好きではないがひかりと付き合っているもう一人の男(せいじ)が好きなため、せいじと一緒にひかりの家へ行くことを伝えると必ずミニスカートをはく。
ここの描写は悔しくて興奮した。
まあそんな感じで話が進んでいくのだが、途中から不穏な空気が流れ始める。
実は主人公とせいじの立場は逆でそれに嫉妬したせいじが主人公を洗脳していたというものだ。
ここまでの流れは結構意外で面白く読み進められた。

ひかり(cv海原エレナ)
WS000058

ガチのマジの天使。
とにかく清楚で可愛らしく声も少女のよう
ひかりの強姦は死ぬほどエッチだった。
ただ悪いところもあり、せいじに負けない所謂スカッと√があるのだが、
この√でさえも初キスは奪われる。
なんでや・・・。死ねボケ
また、何故か結合部が写ったCGが極めて少ない
だからこそおまんこが見えるCGでは鬼のように勃起したのだが、それでもスカッと√での満を持しての初体験がこんなCGだったときは発狂した。
WS000086
   いや何も伝わってこないよ・・・(゜´Д`゜)


WS000061

見て分かるとおりおっぱいが大きいのでエッチシーンではこれでもかというくらい揺れる。
エッチだった。
性格もカッコイイ感じで強姦映えする。
実は主人公のことが好きだったという設定もアクセントになる。
唯一にして最大の欠点は、主人公のことを忘れるために婚約しており、当然処女ではないこと。
これじゃいくら犯されたってお遊戯にしか見えない。

WS000087
           右のデブが婚約者
 
忘れるためといってもこんなブスでデブと婚約しなくてもいいのに・・・

総評
エルフの抜きゲーでは久々に満足した。
キャラもひかりと空しかいないが、どちらも可愛く死にキャラがいない。
エッチシーンも長いものは30分くらいあり(長すぎる感はあるが)、かなり満足。
やっぱり市川小紗の絵は神だなぁ

また、これまでのエルフのようにクソ面倒なほどの大量の選択肢や無駄なマップ移動がない
そういった点でもこの作品はかなりオススメできる。

 


評価 B+ 
2020-05-21 (13)

古いエロゲなのでシステム面は結構キツいものがあった。
バックログジャンプがないことや次のテキストに進むと音声が消えてしまうのは時代を考慮すると許せる。
しかし、テキストが表示されてから音声が読み上げられるまでに若干のラグがあるのはどうにかならなかったのだろうか。
地味なストレスポイントである。

また、理紗の父へのフェラや初体験の描写がなかったのは悲しかった。

CGに関してはエロいようでエロくないようで、もしかしたらエロいかもしれないようなもの。
強姦も多い。
ただ、差分がかなり少ないので抜けるかといったら抜けない
まあそれでもこのCGは凄く気に入ったので及第点か。
2020-05-21 (14)
     ポッケに手を入れているのカッコいい


シナリオについては結構面白く、特に2章の武視点や3章の理紗視点は色々と物語が補完されていくので良かった。
脈絡のない会話なども多かったが意外にも読みやすい。

考察好きな人は好きそうな作品だと思った(小並感)





このページのトップヘ