俺のエロゲ感想:3030支部

カテゴリ: B+

評価 B+

WS000172

奇妙さや緊張感が感じられ館系のエロゲとして結構面白かった。
ただ攻略の面倒さはエルフどころか全エロゲの中でも随一でこれを自力で完全に攻略できる人はそうそういないだろう。

良かったところ
その1:メインヒロインが天使
WS000195

杏奈は今までであったヒロインの中でマジで1番優しく清楚で天使だった。
声も処女膜から出ていることがわかるくらい可愛い声だった。
だからこそ犯されるとこではめちゃくちゃ悔しかったし絶対殺してやるからな・・・とか思いながらプレイした。
ちなみに縄綱に薬使わされて気持ちよくなっちゃってるシーンと風呂場で壁越しに智樹に犯されるシーンが大好き。

その2:緊張感
WS000221

よくバッドエンドはテキストだけでこれ必要だったか?みたいなものが多い。
しかしちゃんと死体CGがあるため何をされたか想像しやすく恐怖感が倍増される。
またちょくちょくアニメーションが挿入されるのでより緊張感が増す。
とくに健吾がギロチンで殺されるシーンのアニメーションは普通に怖かった。

その3:おまけシナリオ
WS000220

どっかで配布されたシナリオがおまけとしてついてくるのだがこれが結構面白い。
特にこの悪いお医者さんに騙された杏奈ちゃんとかいうのが良かった。
オチが秀逸なので皆やって欲しいw

また別のおまけシナリオのエッチシーンではマウスを動かすとピストンするとかいう謎のシステムが採用されている。
WS000218

高速でマウスを動かすと優馬が鬼のようにピストンし始めるので笑っちゃった。

悪かったところ
その1:圧倒的に攻略が面倒

2020-08-31 (3)
2020-08-31 (2)

一応ナビマップによって自分が何処にいるのかは分かるのだがナビマップからロードすることが出来ない(何故かシーン再生は出来る)。
まぁ過去にどんな行動をしたかによって分岐するので仕方ないかも知れないのだがさすがに面倒だった。
攻略サイトを見ながら一生懸命プレイしたのだが2カ所未読部分がありとても悔しい。
ただ何処の行動が何処に影響するのか全く分からないのでこれを回収するのは諦めた(゜´Д`゜)
自力で全てを青色に出来る人間がいたら尊敬する。

その2:優馬と杏奈の出会いが謎

シナリオとしては40年くらい前の凄惨な事件に巻き込まれた登場人物が頑張って成仏するみたいな話なのだが、優馬と杏奈の出会いが謎
明らかに現代の大学で出会っており矛盾しているように思える。
頑張って2chとかの攻略スレで調べようとしたが面倒だったのでやめたので知っている人がいるなら教えて欲しい。

総評
攻略サイトが無かったら評価Dとかにしたくらい面倒。
自力でやるものではない。
ただキャラクターの可愛さや河原崎家の異常さなどは素晴らしかった。
ギロチン殺害のことはずっと忘れないだろうなぁ





評価 B+

2020-08-01 (17)

憂緒ちゃん可愛い!!!

初めの頃はずっとムスッとしていて全然パートナーって感じはしなかったが、この3作目では自然にアイコンタクトまでも取れるようになっておりとても感慨深い。
さらにかなり表情が豊富になり甘えるようになった憂緒はヤバかった・・・

シナリオについては要所要所感動ポイントもあったが、やはり不明な点がいくつかある。



この記事でも言っているが、やはりルイのハイジを守る発言の意味が分からない

もう一つ、強大すぎる魔力を扱いきれないと思ったアンデルが勝手にパスをつなげて三厳の魔力を全てみちるに移したとあったが、みちるが産まれた頃はすでに三厳は結構歳いってね?
これにより両親が死んだのだからアンデルの行動理由についてはしっかり納得したかった・・・

レイラインシリーズ全体について
2020-08-07 (16)

なぜ3部作に分けたのだろうか?の一言に尽きる。
一つ一つがフルプラ1本分とかなら理解できるが、べつに3つ合わせても長めのフルプラ分くらいにすぎない。
500円で買えたから良いものの普通に定価で買っていたとしたら駄作だと言っていただろう。
まぁ主人公はかなり良かった
なんか時代なのか中性的な顔だったりなよなよしていたりする主人公も増えてきたが、三厳はがたいもよくまあまあイケメン。
こういうのが主人公であるべきだ。

2020-08-08
   ↑
あんま好きになれない感じの主人公の例




評価 B+ 
2020-05-21 (13)

古いエロゲなのでシステム面は結構キツいものがあった。
バックログジャンプがないことや次のテキストに進むと音声が消えてしまうのは時代を考慮すると許せる。
しかし、テキストが表示されてから音声が読み上げられるまでに若干のラグがあるのはどうにかならなかったのだろうか。
地味なストレスポイントである。

また、理紗の父へのフェラや初体験の描写がなかったのは悲しかった。

CGに関してはエロいようでエロくないようで、もしかしたらエロいかもしれないようなもの。
強姦も多い。
ただ、差分がかなり少ないので抜けるかといったら抜けない
まあそれでもこのCGは凄く気に入ったので及第点か。
2020-05-21 (14)
     ポッケに手を入れているのカッコいい


シナリオについては結構面白く、特に2章の武視点や3章の理紗視点は色々と物語が補完されていくので良かった。
脈絡のない会話なども多かったが意外にも読みやすい。

考察好きな人は好きそうな作品だと思った(小並感)






評価 B+
 screenshot_20200329165708

パッケージ絵が豪華特別版のものよりも通常版の安いやつの方が圧倒的に美しいの憎い・・・
以下√について

玲音√
screenshot_20200329174955

裏切り者。
俺はコイツを許すことなど出来なかった。
エッチシーンについてもかなりエッチだったのに急にアナル舐めが始まるしダメダメ。
ただキスCGは美しかった。

ソフィア√
完全週休二日の会社なのに昨日まで十五連勤だったから・・

作中ソフィアと主人公がアル中になるシーンがあるがさすがにどうかと思う。
というのも、さらっと調べた感じだとアルコール依存症になるには男性では10年とか20年とか、女性はその半分くらい、とある。
たかだか3ヶ月程度でアルコール依存症になどなれるのだろうか?
もちろん正確な知識は持ち合わせてないが、さすがに早すぎると思う。
また、ソフィアの尋常じゃ無いほどのアル中具合を見ると、ラナの介護やソフト開発をまともに出来ているとは思えない。

ラナ√
久しぶりに触れて嬉しかったです。ありがとうございます!

伝説になりそうな中出しすると妊娠からの堕胎バッドエンドがある。
かなり衝撃だったが、あの状態のラナに中出しなんて確かにラナのことを何も考えていないし意外と面白いなと思った。

シナリオについても、幼児向けパズルを与えたり公園に連れて行ったりと恋愛というよりも育児な感じがしたが、主人公がラナのことをしっかり考えていることが伝わってきてかなり好き。
ラスト唐突に正気に戻らず、何年か時間をかけていたらかなり好きな√だったかもしれない。

ちなみに、ここ最近、もしかしたら今までで一番好きな立ち絵がある。
screenshot_20200329233310

初めて見たときはマジで爆笑した。
screenshot_20200329233401
アイキャッチでの赤ちゃん立ち絵とかズルいでしょ・・・

愛彩梨√

screenshot_20200331154041

この√が一番好き。
途中障害があるも、主人公のスキルで乗り越えて最後には気分良く終われるサクセスストーリー。
霧香との掛け合いも多く純粋に楽しめた√だった。

ただ、高校でイジメがあるのは百歩譲って目を瞑るとしても、ペットボトルを投げるとかいうあまりに幼稚なイジメはいかがなものだろうか?

霧香√
山盛りお肉のヘルシー定食!!

正直期待外れ。
シリアスなシナリオについては衝撃的な展開から目を離せずずっと読んでいられたが、Vtuber関連の話は酷い。
まず、ツクヨミ√でも愛彩梨が司会進行のイベントに参加していることから、なんか俺いらなくね・・・?ってなる。
まあこれはいいとしても、
歌が1つも我々には披露されない。
愛彩梨√での格好いい曲も、霧香√のイベントで披露した元気が出る曲も、ラストの主人公だけに向けた曲も、何一つ聞けないのはお話にならない。
他にも、霧香が意識不明になったときに主人公が辛いとか言って数ヶ月でお見舞いから逃げ出すのだが、ラナ√で3年も介護していた忍耐強いお前は何処に行ったのだ?
キャラとしての可愛さは霧香が随一だが、√としての出来は微妙であった・・・

ところで1つ気付いたことがある。
朝倉霧香  アサクラキリカ  サクラキアカリ 桜木アカリ
これに気付いたとき自分がガチの天才だと思った。

ツクヨミ√
大好き大好き大好き大好き

どれもこれもCGが美しすぎる。
内容に関しても、ツクヨミとの掛け合いは面白いものが多く、主人公が色々策を練って敵を倒していくのは爽快だった。
ツクヨミが消えて苦しいとか辛いとか言ってるときは、某主人公のように当たり前のように自殺しろよと思ったが
単にツクヨミが可愛かったこともあるが結構楽しめた√だった。

総評
個別√に関しては物申したいことが多い。
しかし共通√の面白さは本物である。
CGも美しいものが多く、正直あまり期待していなかったHCGもかなりエッチ。
結構満足感は高い!



評価 B+
 
2020030401023000-7BC5396B3031D11055BEF62DF53FD875


俺は将棋が嫌いだ。
いや、正確には嫌いになった。
小学生のころに将棋にハマり一気に好きになった俺だが、成長するにつれて一緒に指す友達も消え次第に指さなくなった。
それでも別に嫌いになることはなく将棋ウォーズとかはプレイしていた。
しかしそんなある日のこと、AIが発達しプロ騎士がAIを用いて将棋の研究をしているという情報を耳にする。
これを知った俺は、ただ機械の言いなりに過ぎないプロ棋士など何の意味があるのかと思い、将棋から興味を失った。
本作もAIを題材にしており、こんな問いに対して1つの答えを示してくれる───
・・・
・・・
・・・
俺はそれでもプロ棋士に何の意味があるのかと思ってるけどw


閑話休題

以下内容について
本作は第1部、第2部、おまけの3本仕立てになっている。

第1部
2020030116021800-7BC5396B3031D11055BEF62DF53FD875

タイトルにもなっている千里の棋譜についてのお話。
次から次へと謎が生じ、ミスリードや二転三転するストーリーに夢中でプレイした。
途中どいつもこいつも秘密主義で若干イライラしたがミステリーってこういうものなのかもしれない。
2020030206275600-7BC5396B3031D11055BEF62DF53FD875
大体皆こんな感じ

まあラストのAI vs 翔田名人戦では完全に伏線を回収する棋譜にかなり熱くなったし想像以上に面白かった。

第2部
2020030206292300-7BC5396B3031D11055BEF62DF53FD875

かなり第1部が綺麗に終わったのでまさか続きがあるとは思わなかったw
20年以上前の隠蔽された名人戦についてのお話。
今回も第1部同様、ミスリードや二転三転するストーリーは面白く、秘密主義な登場人物ばかりであった。
でもミステリーってこう(ry
ところで、全てが片付いた後に準主役ポジションの長野の三段リーグの話がある。
勝ったらプロ、負けたら奨励会退会の大勝負だ。
主人公は上の画像の女なのだが、コイツとなんだが良い雰囲気になっていたので、これにイライラし俺は負けろと願いながら読み進めていた。
2020030117493800-7BC5396B3031D11055BEF62DF53FD875
長野による主人公への贈り物と主人公の長野に対する思い

なのでプロ決定したときは結構ショックを受けたが、ヒカルの碁の越智みたいなことを言い出して奨励会退会したときはマジで笑顔になった。

ちなみに結局主人公はニートなのだろうか?

おまけ
2020030421560000-7BC5396B3031D11055BEF62DF53FD875

謎解きが5問あるだけ。
結構難しく2問くらいヒントを見てしまった。悔しい

総評

まずフルボイスじゃない
3000円とかなので仕方ないかもしれないが残念だった。
あとエロゲーマーなのでやっぱりバックログジャンプは欲しい。
また、ストーリー上でパスワードを当てる選択肢が出てくるのだが、これ当てれるとか普通に考えておかしいだろ・・・
適当に入力しよう!って入力したら正解とかさすがに不自然だった。

2020030315302600-7BC5396B3031D11055BEF62DF53FD875

あとはおまけの詰め将棋が1手詰めとかいう知恵遅れようの問題を50問解かないと3手詰めの問題が出てこないのは面倒だった。

と、色々言ったが想像以上に面白くとても満足した。
レイジングループと違うライターだったのであまり期待してなかったけど素晴らしいね!
マルコと銀河竜みたいな作品買うくらいならこっち買う方が良いよ
・・・
・・・
・・・

ところで、第2部の三段リーグで女性初のプロ棋士が誕生する。
これは実はそこまで現実離れしてなく、むしろ現実になりそうなのである
2020-03-04 (25)

3位の西山朋佳三段は女性である。
前期の成績があまり良くないため3位になってはいるが、成績だけ見たら2位の人と同じ。
3月7日に最後の対戦があり、その結果で史上初の女性プロ棋士が誕生するかもしれない!
さすがにこれは楽しみである。
恐らく将棋界の偉い人やマスコミは1位2位の人には負けろと願っていることだろう。
2020030202190300-7BC5396B3031D11055BEF62DF53FD875





このページのトップヘ